従来の脱毛法とバルジ領域を破壊する脱毛法の違いとは?

現在主流となっているのは光を使った脱毛法です。

 

光脱毛は脱毛法の中では歴史が古く、たくさんの症例数もありますが、今注目されているのはバルジ領域を破壊する脱毛法となるSHR脱毛です。

 

効果的な脱毛を行うためにも、従来の脱毛法とバルジ領域を破壊する脱毛法の違いを知っておきましょう。

 

ダメージを与えるターゲットの違い

 

光脱毛では、むだ毛の成長に関わる毛母細胞にダメージを与えます。

 

むだ毛は毛母細胞が分裂することで毛幹が伸びることで成長します。

 

毛母細胞にダメージを与えれば分裂機能が衰えるので、成長できずに抜け落ちるという仕組みです。

 

一方、バルジ領域を破壊するSHR脱毛法は、見ての通りバルジ領域をターゲットにしてダメージを与えます。

 

バルジ領域は、むだ毛の成長に必要な発毛因子を作り出すエリアです。

 

このエリアにダメージを与え、発毛因子の生成が滞らせることで、むだ毛を成長させない仕組みとなっています。

 

つまり光脱毛では毛母細胞、SHR脱毛ではバルジ領域というように、ダメージを与えるターゲットがまったく違うのです。

 

熱量の違い

 

従来の脱毛法は、高熱で毛母細胞や毛乳頭細胞を破壊します。

 

むだ毛とつながっている細胞を壊すには、相当な熱量が必要です。

 

従来の脱毛法での施術は、的確に毛母細胞を壊す仕組みなので、熱による痛みも発生します。

 

しかし、バルジ領域を破壊する脱毛法は低い熱でダメージを与えるというのも違いと言えるでしょう。

 

低熱での施術が可能なのは理由があります。

 

  • バルジ領域は毛母細胞より表皮に近い
  • 連続照射で肌の内部に蓄熱する方式
  • ピンポイントでダメージを与える仕組みではない

 

バルジ領域を破壊するというと、大きなダメージを与える印象があるかもしれません。

 

ですが、実際には熱を肌に蓄えさせて、じわじわと機能を弱らせていきます。

 

低熱ですから痛みもありませんし、肌トラブルのリスクがないというのも従来の脱毛との違いです。

 

バルジ領域を破壊する脱毛法は最新式脱毛法なので、症例数や実績が従来の脱毛より少ないという違いもあります。

 

しかしアメリカの研究機関では効果が認められていますから、これから主流になっていくかもしれませんね。